サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資はこちらの工夫しだいで投資結果に直接影響を与えることができる

  • どんな物件を購入するのか?

  • 自己資金はいくらつぎ込めばいいのか?

  • 各部屋のリフォームはどうするのか?

  • 部屋の家賃はいくらにするのか?

  • 部屋にはどんな設備を設置するのか?

  • 不動産会社への営業はどうするのか?

  • 営業マンとのコミュニケーションはどうするのか?

  • etc…


アパートのオーナーには、「考えなければいけないこと」が山のようにあるよね。

だから大変といえば大変だよ。

でも逆の言い方をすれば、考えなければならないことがいっぱいあるということはそれだけ『改善する余地がある』ということでもあるよね。

 

はっきり言って、不動産投資以外の投資法はあまり考えることがありません。

たしかにプロフェッショナルたちがバックアップしてくれるんで考える必要がないと言えばそれまでだよ。

 

でもそれは見方を変えればとっても怖いことでもある。

 

もしも運用を任せた相手が無能だったら? もしも自分が購入した株が大暴落したら? 

こちらには成す術がないよね。

いくら考えたって市場の暴落による資産の毀損を防ぐことはできない。

 

でも不動産投資だったら考えた結果、入居率がアップするかもしれないんだよ。

少なくともその可能性の余地は残っている。

それが不動産投資のスゴイところだよ。

 

こちらにそれなりのノウハウや才覚があれば多少のことは乗り越えられるんだ。

部屋をリフォームしたり、家賃を下げて募集をかけてみたり、ペット可にしてみたり、etc、、、、

空室を埋めるための方法はいくらでもあるんだ。

 

空室が埋まれば投資は成功する。自分の工夫次第で結果を変えることができるんだよ! 

 

僕は『紙の資産』への投資にあまりいい印象を持っていないのは、そういった理由からなんだよ。

 

最大の理由は『自分の力の及ばないところで物事が決まってしまう』ということね。

株価が下がったらもう一巻の終わり。

こちらにできることは何もないんだ。

 

でも不動産投資だけは話は別。だから僕は不動産投資というものをやっているんだよ。

 

僕はわりと家賃の値下げには応じる方だと思う。

やっぱり決まってナンボの商売ですからね。

月数千円をケチったがために何ヶ月もゼロになったら商売になりません。

周辺相場を見て極端じゃなければ値下げには応じますね。