サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資以外の投資法は何か起こったときに指をくわえて見てることしかできない

株式投資にしろ、FX投資にしろ、購入する前にはいろいろリサーチしたり、考えたりすると思うよ。

誰も適当に投資をやる人なんていないよね。

 

でも不動産投資以外の投資の場合、やっぱりその銘柄なり、金融商品なりを購入した段階で話は終わってしまうんだ。

極端な言い方をすれば、いざ!という事態になったときは「後は指をくわえてただ見てるだけ」という状態になってしまうんだ。

 

こちらの裁量や手腕といったものはあまり投資結果には反映されない、、、

 

株価暴落のような不足の事態が生じてもこちらには成す術がないんだ。

市場の動向にすべてをゆだねるしか他に方法はない。

 

僕はこれが我慢ならないんだ。

 

やっぱり、やる以上は自分の裁量が結果に反映されるものでなきゃやる意味がない!

そう思わない? 

 

誰かに頼ったり、神に祈ったりするだけの投資ならやらないほうがマシだと思う。そういう自分の力以外のものせいで結果が変わってしまうことを本当の意味で『危険』というんじゃないだろうか??

 

うまくいくにせよ、うまくいかないにせよ、あくまでもコントロールするのは自分自身でありたいんだよね。

 

どんなに大声を出してわめき散らそうが地面にひざまずいて祈りを捧げようが、それによって株価が上がったり下がったりすることはないんだ。

泣き叫んでも市場の動きに影響を与えることもできない。

 

不動産投資以外の投資法というのは、そのような「受け身」の投資法なんだよね。

それに対して不動産投資は「攻め」の投資法です。

 

不動産投資はほかの投資法と違って、こちら(アパートのオーナー)の力量や裁量しだいで結果に影響を及ぼすことができるんだ。

 

それだけにちゃらんぽらんなアパートのオーナーはあっという間に失敗し、多額の負債を抱えて自己破産することになるんだけどね。

 

でもきちんと勉強し、不動産投資に精通していれば、恐れることはないよ! 

こちらの創意工夫、手腕、力量、コミュニケーション能力、才覚、勇気、先見性、識別眼、洞察力、etc、、、、

そういったものをフル活用することで良い投資結果を自らの手で生み出すことも十分に可能なんだよ。