サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資は他の投資法と一線を画している

『投資』という意味では株式投資も不動産投資も一緒だよね。でも、株式投資の場合、いったん株を購入してしまえばそれで終わり。 

株価を上げるためにこちらが何かできるわけじゃない。

 

こちらが何か創意工夫をしたり、アイデアをしぼったり、手をかけたり、営業活動をしたところで、株価を動かしたりすることはできないんだ。

もしもこちらの工夫次第で株価が動いたりするのなら、多くの株式投資家は必死に汗を流すはずだよ。でもそんなことは現実的にはできないんだ。

 

どんなにこっちが必死になっても、株価はピクリとも動かないんだ。

ここが不動産投資とその他の投資の最大の相違点だよ。不動産投資以外の投資というのはこちらでコントロールすることができないんだ。

 

たとえば株式投資の場合、株価が上がったり下がったりするのはあくまでも株を発行している企業の問題ということになっちゃう。

もちろん大株主などになれば、株主総会などで発言したり、経営について口をはさんだりできるんだろうけど、個人投資家レベルではそういうことはできない。

 

だからいったん株券を購入したら最後、こちらの手から離れてしまって、そこから先はもう僕らにはコントロールできなくなってしまうんだ。

 

これは株式投資だけに限った話じゃないよ。投資信託にしても、FXにしても、金にしても、、、、不動産投資以外のすべての投資はこちらが何をやったところで結果に影響を及ぼすことができないんだよ。

 

僕はそこがイヤで、不動産投資以外の投資にはあまり積極的に手を出していないんだ。

 

僕は投資というのはビジネスの一部だと思ってる。いわば商売だと思ってる。僕は自分のことを「投資家」じゃなくて、「商売人」だと思ってるんだ。

商売人である以上、自分の商売にいろいろ口を出して、なんとかいい結果に結びつけたいと考えるのは当然のことでしょ? 

 

ところが不動産投資以外の投資にはそれができないんだよ。

購入したら、はい、それでおしまい。

それは「あとはプロがやるから、お前は黙って見てろ」と言われてるようで、なんだかおもしろくないよね。そして、すごく恐ろしいことでもある、、、

 

たとえ失敗に終わったとしても、僕はやっぱり1から10まで自己責任でやりたい。

自分の才覚と自分のコントロールの及ぶ範囲で勝負したい。

 

少なくとも僕はそう考えるタイプの人間なんだよね。