サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

大変なこともあるけど、僕は不動産投資という投資法を選んで良かったと思ってるという話

世の中には、「投資」と名のつくものがたくさんあるよね。株式投資、債券投資、投資信託、金投資、FX投資、etc、、、、今もむかしも投資は人々の関心を呼び、常に経済の中心に位置しているよ。

 

それらのいろいろな投資の中で僕が選んだのは不動産投資というものなんだ。

 

 不動産投資といえば投資のなかでもいちばん金額が大きくて、いちばん複雑で、いちばん考えることが多くて、いちばん失敗したときのリスクが大きいと言われている投資法だよ。

そんなおっかないものに僕は手を出したわけなんだ。まあ、バカというか、アホというかね!笑 

 

でも僕は何もテキトーな気持ちで不動産投資をやろうと思ったわけじゃないんだよ。

大して頭は良くないけれど僕なりによくよく考えたうえで『不動産投資』を選んだんだよ。

 

はっきり言って、不動産投資という投資法はほかの投資法とは一線を画しているよ。「変わりモノ」といったらいいんだろうかね。とにかく、ありとあらゆるところが『異質』なんだ。

でもその異質なところが僕は気に入ってるんだ。

そして僕の選んだものが異質なのもので、みんながやりたがらないものだったから逆に良かったと思っているんだ。

 

自分で自分のことを「投資家」と名乗るのはおこがましいことだとは思うけど、『投資をやってメシを食っている』という人間のことを投資家というのならば僕も間違いなく投資家ということになるよね。

 

でも投資家として生きてゆくのは大変なことなんだよ。

ましてや、もともとお金持ちであったとか、親が金持ちであったとかそういうアドバンテージも何もない人間が投資一本だけで生きてゆくというのはかなりリスキーな生き方だ。

 

これがもしも僕が選んだ投資法が不動産投資以外の投資(たとえば、株式投資とか)だったら、きっと僕はうまくいかなかったと思うよ。

 

僕が選んだ投資法がたまたま不動産投資だったからこそ、僕はなんとかやってこれたんだと思う。

そして不動産投資というものがもともとかなり異質で、変わった投資法だったおかげで、なんとか僕みたいな者でも勝負することができたんだと思ってるんだ。