サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

何か一つのことだけに頼りきる生き方ほど危険なものはない

自分のなかにいざ!という時の備えとして、常にオルタナティヴを用意しておくって大事なことだよね。

いま、平穏無事な状況に置かれているのなら、なおさらそのことについて考えておいた方がいいと思う。

 

 

ぼくの場合はそれは「アパート経営」というものだった。そして実際、それがぼくの『ノアの箱舟』になったんだよね。

  

週100時間以上働くエリートほど出世しない理由 という記事を読んだよ。

 

www.itmedia.co.jp

 

ぼくは最初からわかっていたんだよね。

「このままサラリーマンを続けていても、いつか必ず行き詰まるな…」ってことが見えていた。

だから自分なりのオルタナティヴを探したんだよね。

 

投資においても、ビジネスにおいても、仕事、恋愛、人間関係、etc・・・

何か一つのものだけに頼り、それにしがみつき、「それだけが支え」という状態ってすごく危険なことだと思う。

 

だれもが「平穏無事のままの人生がいい」と思ってる。
でもそれははあり得ないんだ。

人生というのは必ず何かが起きるんだ。
だから普段から準備しておかなければならないんだ。

 

備えあれば憂いなし。

普段から抜け道を用意しておけば、いざ逆境に立たされたときもなんとかサヴァイヴしてゆくことができる。

 

「何も起こらないでくれ〜」と祈りながら生きるんじゃなくて、「何が起こっても大丈夫!」なように抜け道を用意しておこうという話です。