サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

商売はスタート・ダッシュでつまずきやすいものだけど、不動産投資はそうではない

僕は不動産会社に勤務していて、テナントの仲介の仕事もやっていたんだ。

 

そして実際に僕が仲介したなかで今も継続してお店をやっている人はほとんどいないよ。多くの店舗は店を閉めることを余儀無くされてしまったんだ。

 

 
厳しい世界だよ、、、みんな最初はあんなに張り切ってスタートしたのにね。

彼らの姿を客観的に見ていると、みんなスタートダッシュでつまずいてしまうケースが多いように思うよ。

要するに計画した通りにお客さんが来なかったんだ。

 

おそらく彼らも綿密に事業計画を練ったと思うよ。売上予測なんかもしっかりとやったはずだよ。それなのに、そのアテが外れてしまったんだ。

 

厳しい世界だよ、、、

どの商売も「軌道に乗るまでが大変」とよく言われるゆえんがここにある。リピーターや固定客がついてしまえば、ある程度収入も安定するのですんだけど、そこにいくまでが大変なんだよね。

 

ましてやスタートして間もないお店となると、ますます大変! 商売を軌道に乗せるのは至難の技と言ってもいい。

 

多くの事業主はスタートして間もなく「こんなはずではなかった…」という状況におちいるんだ。僕はテナント仲介の仕事を通じて、そうやって深刻な事態に陥ってしまう人をたくさん見てきたよ。
 

その度に僕は「オレは絶対に事業なんかやらないぞ…」と心に固く誓ったものだよ。

そんな僕がこうやって自分で商売をやってメシを食っているんだから、世の中わからないものだよね。

 

ただし、僕が選んだ商売は僕がテナント仲介の仕事をやってた頃に接してきた人たちがやっていた商売とはちょっと違うものなんだ。僕が選んだのは「アパート経営」という商売。

ようするに不動産投資だね。

 

僕が選んだ商売が幸いなことにこれだったおかげで、僕はずいぶん助かったと思ってるよ。なんとか深刻な状態に陥ることなく今日まで生き延びてこれた!

 

これがもし僕がラーメン屋とか、居酒屋とか、学習塾とか、エステサロンとかをやっていたら、きっとうまくいかなかったと思う。いや、絶対に失敗していたと思う。

 

僕が選んだのがたまたまアパート経営というものだったから良かったんだ。ラッキーだったよ。

 

不動産は購入した時点ですでにある程度の利益を確定している。

それはどういうことか?

 

不動産はよっぽどのことがない限り、値段がゼロになることはないからだ。

地価が下落する、建物が老朽化すると言っても値段がタダになるわけではない。

 

もしも0円で土地の売買をしたら、税務署が飛んでくる。

購入した時点である程度の利益が確定している投資なんて、他にあるだろうか?

 

現金という形ではないにせよ、価値が0円になることはない。

さらに取得さえしてしまえば、長期間にわたって家賃収入も得られる。

 

「不動産投資は危険」と言われる理由が僕にはよくわからない。

不動産は最も安全なのに