サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

商売をやって成功する人がむずかしい理由

不動産会社で賃貸の営業マンをしていた頃、僕はアパートやマンションといった居住用の仲介の仕事もやっていたんだけど、テナント仲介の仕事もやっていたんだよね。

 

自分が住むための部屋を探しに来る人と、テナントの物件を探しに来る人はまったく違う人だった。

 

物件を探す目的が違うのはもちろんなんだけど、真剣さというか、深刻さが全然違うんだ。

 

もちろん居住用のアパートやマンションを探しに来る人だって真剣は真剣なんだけど、テナント物件を探す人のほうが『マジ』だった。

 

やっぱりテナント物件を探しに来る人というのは商売が目的だからね。そりゃ真剣にならざるを得ないよね。

 

アパートやマンションの場合、その部屋が気に入らなくなったらカンタンに引越すこともできる。もちろん引越し費用などは発生するけど、まあ、気楽だよね。

引っ越し費用なんてたかが知れてるしね。

 

ところがテナント物件の場合はそういうわけにはいかないんだ。居住用のようにカンタンに移ったりできない、、、

その物件に気に入らないところがあったとしても、内装工事や広告宣伝費などに何百万円も使っていたりなんかしたら、カンタンに「じゃあ、次のトコに移ろうっと♪」というわけにはいかないんだよね。

原状回復費用だって相当なものになるしね。

 

だからテナント物件を探している人というのは居住用の物件を探している人と目の色が違うんだ。自分の人生がかかっていますし、何百万円というお金も発生する。

そりゃ、シビアにもなるよね!

 

僕は不動産会社で営業マンをしていた時、そういったテナント物件を探しに来る人とたくさん接してきたんだ。

はっきり言って、アパート・マンションの仲介よりも気も使うし、疲れるし、扱う金額もデカくなるし、、、、でいろいろ大変だったよ。

 

いろいろ勉強になったことは間違いないけど、仕事としては普通の居住用の賃貸営業をしていたほうが圧倒的にラクだったよ。

 

僕はそのような商売をやる人とたくさん接してきて、率直に言って「商売って、大変だな、、、、」と心の底から思ったよ。

はっきり言って、『商売』というものにあまりいい印象を持たなかったよ。

 

そして彼らの多くは商売がうまくいかなかった。売り上げをあげることに苦労し、しだいにテナント料も払えなくなり、店をたたむ人がたくさんいたよ。なかには家賃を滞納したまま、原状回復もしないまま夜逃げして同然に消息不明になってしまう人もいた。

 

商売をやって成功するということはとても大変なことなんだよ。それは僕たちが思っているよりもはるかに大変なことなんだ。

僕は彼らの姿を通じてそのことを学んだよ。

 

自分が商売をやって生計を立てておきながら、こんなことを言うのはおかしな話かもしれけれど、僕はあまり人に商売人になることをススメないよ。

それだけたくさんダメになっていった人を見てきたんだよ。