サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕は『精神的にも、物質的にも満たされた状態』が幸せな状態だと思っている。

団塊の世代もスタートの段階は貧しかったけれど、その後ずっと右肩上がりだよね。

そして今、人生の終盤を迎える段階に差し掛かり、豊かで恵まれた状態で最期を迎えようとしている。

 

この70年間。日本は平和で、豊かで、エキサイティングで、そして世界で最も幸福な国だったことは間違いないよ。

うちのオヤジの世代はそのすべての恩恵を受けて、今、フィニッシュしようとしているんだ。それはとてもハッピーなことだと思うよ。

 

今、自分に起こってることをただただ嘆くだけの人は、おそらくこの辺りのことをまったく理解していないんじゃないかな。

食べるものにも着るものにも困っていた時代を知ってるオヤジたちにとって、iPhoneやMac Book、Amazonなんかがある今の世の中はまさに「天国」のように感じられるんじゃないかな。

 

下手に平和で豊かな時代に生まれちゃった若い人のほうが逆に今、苦しい想いをしている。

 

なぜ今、多くの若者たちが希望を持てなくなっているのか? なぜこんなにもたくさんニートやひきこもりになる人が多いのか? そして、心を病む人が多いのか? 

僕には何となくわかるような気がするんだ。

 

あまりにも豊かで、便利で、平和になりすぎちゃったから余計に自分が不幸に思えちゃうんじゃないかな、、、、

 

まわりが自分と同じように貧しく、満たされていなかったらそんなに不幸を感じずに済んだかもしれない。だってまわりを見渡しても、みんな似たり寄ったりの状況に置かれているからね。

 

「東大には入れなかったから」という理由でうつになったり、自殺したりする人もいるそうだね。

東大を受験しようとするくらいなんだから、きっと東大じゃなくてもそれなりの大学に行こうと思えば行くことができたはず。それなのにその人にとっては「東大に入れなければ意味がない」という風に考えてしまったわけだよね。 

 

そしてそのことによってものすごく苦しんでいる、、、僕みたいな落ちこぼれにとってはそれは信じられないことだよ!

 

大学なんてどこでもいいじゃねぇか。問題は大学を卒業した後どう生きるかだよ。僕はそう思っているし、たぶん僕の方が正しいと思う。 

でもその人はそう考えないんです。

 

その人にとっては「東大に合格できなかった」ってことが人生のすべてを決めてしまうことなんだよ。

何が幸せなんだろう? どういう状態が「幸せな状態だ!」と言えるんだろう?

 

僕はこういう人を見るたびに深く考え込んでしまうんだ、、、

 

幸せな状態とはどんな状態だろうか? 

僕は『精神的にも、物質的にも満たされた状態』が幸せな状態だと思っている。

 

だから「お金がなくても心が」もダメ。

かと言って「金だけあるけどストレスいっぱい」もダメだ。

 

自転車は前輪と後輪のどちらかがパンクしていていたら前に進んでいかないんだよね。

バランスって大事だ。

 

もし僕が『六本木ヒルズに住んでないと幸せじゃない』というタイプだったら、やっぱりハッピーじゃなかったはずだ。

かと言って、『清貧の思想』もおかしい。

 

多すぎず少なすぎず。

「満たされてる」ってことが重要なんじゃないかな。