サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

子供たちにはきちんと『本当のお金の教育』をしてあげなければいけないという話

子供たちにきちんとお金の教育をしてこなかった日本の教育行政の罪は結構重いと思っています。 

 

世の中にはいろんな投資法や資産運用方法があるけど、肝心かなめのプレーヤーがしっかりとしたリテラシーを身につけていなければ何に投資したところでうまくいかないと僕は思っています。

 

 

多くの人は投資や資産運用の内容の話ばかりしているんです。 

お金の専門家と呼ばれる人たちも… 

 

でもいちばん重要なのはその投資や資産運用にお金を出す『人間』だと僕は思っています。 

その人がきちんとしたプレーヤーなら、どのテーブルに座ってもディーラーにカモにされることはないと思います。

 

世の中にはサイクルがあるだよね。 

いまが春や夏の季節だとしても、いつか必ず秋が来るし、冬が来る。 

 

そしてその極寒の冬の季節が何年つづくかわからない。 

だから僕らは長いあいだの風雪に耐えられるように固めておかなければいけない。 

 

できれば夏の季節のあいだに…

 

子供たちにきちんとお金の教育をしないまま無防備なまま社会に放り出しているのが今の現状。 

だから「節税になる」という理由だけで儲からない不動産を買う人や、「このファンドは40年後に9%上昇している」というお金の専門家の言葉を信じてしまう人があとを絶たないんだ。 

 

教育の責任は重い…

 

 

news.livedoor.com

 

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」って言葉は教育の議論でよく耳にする言葉だけど、僕に言わせれば親も子供も文部科学省もこれをやってこなかったよね。

 

だから、いざ!というときに慌てふためくことになる

僕は最初から年金制度なんか期待していなかった。

ついでに言うと、会社もアテにしていなかった。

「終身雇用」も最初から信じていなかった。

 

だから自分で魚を釣る方法を身につけようと思った。

僕の場合、それは『不動産賃貸業』という商売だった。

 

これが僕にとってのノアの箱舟だった!

大人たちは子供たちに「お金」について何も教えていない。

 

「いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤めろ!」としか教えていない。

要するに、魚の釣り方を教えていない。

 

子供たちは何も教えられないまま無防備な状態のまま社会へ放り込まれる。

ものすごく罪なことだと思う

「買い物のときに暗算ができる」とか、「正確に家計簿がつけられる」とか、「FPMBAの資格を持っている」とか

 

そういうことが『お金の教育』だという話にすっかりなっちゃってる。

 

会社や政府の力を借りなくても自分の力でサバイブできるようになること。

それが本当の意味でのお金の教育だよね。

 

だいたいにおいて暗算ができたり、あんまり細かい数字のこととかこだわるようなヒトって、大成できない傾向があるからね・・・

 

僕の知ってるお金持ちの人たちはみんなどこか豪快なところがあるよ。

そうじゃなきゃビジネスで成功なんてできないんだって!

 

商売なんて切った張ったの世界なんだから・・・

 

レジでお金を支払うときに釣り銭がないようにキッチリ払う人って、やっぱり神経質な人が多いんだって。

1円単位まで払うから財布の中はいつもスッキリ。

 

経理向きかな?

 

 

① 一緒にいると疲れる

② 頼りになる

 

 

 

 

評価が真っ二つに分かれそうだね。

僕は言うまでもなく、釣り銭なんて気にしたことがない。笑

 

僕は商売人だから子供にはお金の教育をさせることが最も大切なことだと思っている。

僕にとってのお金の教育というのは「いい会社に入って高い年収をもらう」ということではない。

 

世の中がインフレになっても、勤めてる会社が倒産しても、リストラされてもお金で苦労することがないようになることだ。

 

それから僕が考えるお金の教育とは「節約術」を身につけることでもない。

営業成績を上げて年収を増やすことでもない。

 

株やビットコインが暴落しようが、『毎月収入が入ってくる状態』をつくりだすことだ。

仮に自国の通貨の価値が下がったとしても収入が入ってくる仕組みを子供たちに教えることだ。