サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕が「勉強ができなくて本当に良かった」と思っている理由

今、いろんな人がさまざまな悩みを抱えていると思います。

ひきこもりやニートになる人の数も増加の一途をたどっています。

うつ病をはじめとする心の病にかかる人も大勢います。

 

 

あなたもいろいろな悩みを抱えて、にっちもさっちもいかない!という状態におちいっていませんか? 僕もかつては「悩み多き人」でした。

でも今は信じられないくらい幸せな毎日を送ることができています。

 

なぜ僕はそういう風に逆転することができたのでしょう? 

 

僕は勉強ができなくて良かったと思っています。

落ちこぼれで良かったと思ってる。

 

何も開き直ってるわけじゃありません。

僕は救いようのないくらいに勉強ができなかったから、「そうか、オレは勉強に向いてないんだ」ということに気づくことができた。

 

勉強の分野で活躍できないということがわかったらどうする? 

自分が活躍できる違う分野を探すしかないでしょ! 

 

だから僕はそれを探した。

そして、見つけた!

 

僕が今やってる「不動産」「ネット」という分野。この分野だったら、勉強のできるヤツよりもオレの方がうまくやれると思いました。

だから僕はその世界へ足を踏み入れた。

 

その結果、今なんです。

 

だから僕は自分が勉強ができなかったこと、そしてそのことで散々苦労したことが全然無駄じゃなかったと思っています。

 

自分の身に起こってることって必ず何らかの意味があるんです。

逆に言うと、意味のあることしか起こらないようになっている。

 

その起こってることの中に、すべての問題を解くカギが眠っているんです。

でもほとんどの人がそのことに気づかない。