サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

本気で幸せになりたかったら、心を穏やかに暮らすように努めよう!

金持ち喧嘩せずは真実だと思う。

ぼくが出会ってきた大金持ち大家さんもみんな明るくて、気さくで、おだやかな人ばっかりだったもん。

 



逆にうまくいってない人はいつもイライラしていたり、愚痴っぽかったり、人の悪口ばかり言ってる。


おもしろいものだなぁと思う笑

 

もしも本気で幸せになりたかったら、心を穏やかに暮らすように努めたほうがいいよ。

どんなことが起こっても、だれから何を言われても、いちいち動揺しない。
だれかの悪口を言って盛り上がるような集団には決して近づかない。

これでだいたい人生はうまくいきます!

 

おだやかな心を維持できる人って「自己コントロール」ができる人だよね。
常に冷静だから判断するときに選択を誤らない。

これは投資やビジネスだけじゃなく、恋愛においても、人間関係においてもね。

 

長谷部じゃないけど、心が整ってるんだよ。

そう言えば長谷部、今年もフランクフルトで契約更新したね!
あれだけ入れ替わりが激しいサッカーの世界で、それはとんでもないことだよ。

 

いま仕事で悩んでる人もさ、それを額面どおり受け取って嫌々やるんじゃなくてさ、「これはきっと幸せにつながってる」「きっと自分を成長させてくれる」と思ってやってみたらいいんじゃないかな。

 

 

人間関係でも何でも、『放っておく』って結構大事なことだよね。

「どうにかしよう」と思って一生懸命あっちに手をつけ、こっちに手をつけをやるよりも自然の成り行きに任せた方がうまくいったりする。

 

必死になってあれこれやってみても功を奏さない場合は、それは『放っておきな。』というサインなんだと思うようにするといいよ。

 

誰かに酷いことを言われたって、それをずっと引きずる必要はないよ。

たとえ子供の頃に親に酷いことを言われたって、そんなこと気にしちゃダメだよ。

 

そんな酷いことを言うような人なんだから。

それだけ未熟な人なんだから。

 

そんな未熟な人に何か言われたからって、傷つく必要ないんだよ。

 

人から何か言われたりなんかした時すぐ「落ち込む」人っているよね。

僕も昔そうだったけど

 

でもね、落ち込んでも物事って解決しないんだよね。

大切なことは落ち込むことじゃないんだよ。

 

落ち込む姿を見せられてもこっちも辛い。

大切なことは悪いところを直して実際に「良くする」ことだよ。

 

その隠しておきたい、心の中に仕舞い込んでいる自分をその人が演じちゃってる。

だからムカつく。

だからイライラする。

 

「やめろよ!」って思う。

とても見てられないよ。

耐えられないよ。

 

だって、それ、オレだから。

 

オレのいちばん嫌いなオレだから

あなたがイライライしている相手の人ってどこかあなたに似ていませんか?

いやいや、「あなたに似ている」という言い方はおかしいな。

 

「あなたの心の奥底にいる自分」に似ていませんか?

心の奥底にしまいこんで本当は隠しておきたい自分に・・・