サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

アパート経営が他の商売に比べて圧倒的に有利な点

「何か商売をやってみたいけど、事業をやって失敗するのが怖い」と思っていませんか? 

 

本記事ではそんな人のために僕がやってるアパート経営が他の商売よりも有利に事業ができることについて解説しています。

 

 

自営業に興味のある人、必見です!

 

僕が選んだ不動産投資・アパート経営というビジネスのスゴイところはスタートを切った段階でもうすでに翌月の売上が確定していることです。

よっぽどのことがない限り、入居者がゼロになるなんてことは起こりえません。
 

たとえば、そのアパートが10部屋あったとして、その10部屋の住人が購入した途端に一気に退居するなんてことは現実的にはありえないわけです。
 

部屋を引っ越すというのはそれなりにお金もかかりますし、労力もかかるものです。

だからその物件の所有者になった段階で、収入は確定しているようなものなのです。

そこが不動産投資・アパート経営のすごいところなのです。

こんなことほかのビジネスでは考えられないことです。

ラーメン屋にしろ、学習塾にしろ、エステティックサロンにしろ、パン屋にしろ、美容室にしろ、etc、、、、

 

どこの世界に、「スタートした瞬間に、収入が確保している」なんて商売があるでしょうか?
 

みんな収入が安定せず、思ったように集客できないから苦労しているのです。
 

なぜこのようなことになるのかというと、不動産投資・アパート経営の売上に相当するものが『入居者の家賃』だからです。
 

普通、売上といえばお客さんが払ってくれるものです。

お客さんがたくさん集まれば、売上は高くなり、お客さんが少なければ、売上は低くなります。

 

要するに、すべてはお客さんが来るかどうかにかかっているのです。

「ふたを開けてみなければわからない」という世界なのです。
 

どんなにチラシを配ったとしても、どんなにいい場所にお店を構えたとしても、果たして本当にお客さんが来るのかどうかなんて誰にもわかりません。

確定されてはいないのです。
 

でも不動産投資・アパート経営の場合は最初からお客さん(入居者)がいる状態で物件を購入しますから、なんらかの理由によりこぞってみんなが退居でもしない限り、売上に相当する家賃は入ってきます。

確定されているのです。

 

賃貸借契約を結んでいますので部屋に入居している以上、入居者は家賃を払わなければなりません。

普通の商売には『契約』なんてものは存在しません。

でも、僕が選んだアパート経営というビジネスには存在しています。
 

だから物件の所有者にさえなってしまえば、あとは家賃が入ってくるというわけなのです。

これは非常に大きな魅力です!