サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「褒める教育」の危険な側面について

「やる気が出る」と「伸びる」は別。「褒めて育てる」が危険な訳 という記事を読んだよ。

 

 

www.mag2.com

  

『褒める教育』って、一歩間違えれば「褒めてもらえない自分はダメな人間なんだ」という自己嫌悪、それから「褒められないものには価値がないんだ」という誤った解釈におちいるおそれがあるから気をつけないといけないよね。

 

ヘンに褒められちゃったり、自分の実力以上に持ち上げられちゃった人ってその後、落ちてゆくパターンが多いような気がする。

やっぱりあんまり順風満帆にいきすぎると、人間は慢心を抱いてしまうんじゃないかな。
それで成長がストップしちゃう、とね。笑

 

人生の前半部分はいろんなことがうまくいかなくて、苦悩して、コンプレックスをいっぱい抱いて、怒られて、けなされるくらいがちょうどいいんじゃないかな。

それが全部、人生の後半でいきてくると思うよ!
人格というのはそうやって磨かれてゆくんだよね。

 

まわりから一切期待されなかった落ちこぼれの中にはさ、「今に見てろよ!」というガッツを持ち、「どうすればうまくいくんだろう」と試行錯誤するようになる落ちこぼれもいるんだよね。

この2つが合わさったとき、その人の人生は奇跡のように輝き出すんだよね!