サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

投資

レバレッジには「いいレバレッジ」と、「悪いレバレッジ」がある。

「レバレッジは危険だ」とよく人は言う。確かに株式投資の信用取引のような自分の創意工夫で結果を変化させることのできないものに使うレバレッジは僕も危険だと思う。だけど不動産投資のような自分の創意工夫しだいで結果に変化をもたらせることができるも…

お金を嫌う人のところにお金が集まらない法則

多くの人は程度の差こそあれ、なんらかのお金の問題を抱えている。 毎日耳にする嫌なニュースの背景に横たわっているのもお金の問題だったりすることが多い。

見ず知らずの赤の他人にお金を預けて、その人に運用してもらって大儲けできると思うこと自体おかしくない??

資産運用を実際にやってる人というのは結構、高属性の人が多いよね。 みんなそれなりに学歴も高く、それなりの会社や官庁に就職している。

【注意】「複利で運用する」ってことはプラスはよりプラスに、マイナスはよりマイナスになるってことだからね!

2000万円問題がきっかけで投資に目覚めた人も多いみたいだけど、 マジでよく考えたほうがいいよ。

あなたはまわりから変わり者扱いされても自分の信念を貫けますか?

ビジネスや投資一本でメシを食うってことは、「孤独になる」ってことでもあるんだよね。 とても孤独だし、常に危険と隣り合わせ。

例の年金2,000万円不足問題は、どこから切り取っても完全に『詐欺の手口』を踏襲しているよね。笑

今にして思えば、あの2,000万円問題って国民の不安を煽って自分たちのやりたいことを実現しようとする『詐欺の手口』そのものだったな。

いちばん重要なことは自分が何に投資しようとしているのか?ということをきちんと把握するということ。

その人の意見や考え方に従うか・従わないかで人生って変わってゆくものだよね。

分散投資をやればリスクが軽減されるというのはウソ!?

昨今、流行りの「分散投資」に関していえば、「分散投資をすればリスクが軽減される」と思ってる人もいるみたいだけど、分散投資をしたらからといってリスクが減るわけじゃないよ。

「分散投資をやれば投資で大きく成功できる」というのは幻想なのではないだろうか。

僕も分散投資を否定しないが、いま巷で言われている分散投資のやり方をやって大きなリターンを得るのは(たとえば投資からの収入だけ食っていくのは)ほとんど不可能と言える。なぜなら、そのやり方は『普通』だから。普通のやり方をしていたら、いつまで経…

お金の取り扱いが上手な人にならなければならない理由

宝くじに当たった人で自己破産する人が多いのはなぜだろう。 パパから会社を引き継いだフェラーリを乗り回す御曹司が会社をダメにするのはなぜだろう。 それはお金の取り扱いが下手だからだよ。

あなたが今、手を出そうとしているその投資は本当に自然発生的に生まれたものだと思いますか?

巷のマネー雑誌には十分注意しよう。その雑誌のスポンサーは誰なのかに着目しよう。「このファンドを積立投資をしていけば、30年後には雪だるまのように資産が膨らんでゆく」という文章は誰のために書かれた文章だろう?その雑誌を手にした資産運用に興味を…

「卵を一つのカゴに盛るな」という投資格言について僕が思うこと。

紙の資産の中だけでいくら分散したところで、それはリスクをヘッジしたことにはならないよね。 よくよく考えてほしいんだ。

なぜ株や不動産で大儲けした人の話はたまに耳にするのに、投資信託で大儲けした人の話は耳にしないのか?

銀行が不動産を担保に提供する人には融資するのに、投資信託を担保に提供する人には融資しないのはなぜか?それは銀行が「投資信託は不動産よりもキケンだ」と判断しているから。でも、なぜか多くの人は『不動産よりも投資信託の方が安全だ』と考えている。…

きっちりインカムゲインをもたらしてくれる資産は、なぜかきっちりキャピタルゲインももたらしてくれる。

僕は基本的にはキャピタルゲインを好まず、インカムゲインを好む人間なんだよね。 だから基本的には一度手にした資産はなかなか売らない。 頻繁に売買を繰り返さない。

これから投資や資産運用をはじめようと思ってる人への僕からの助言

波乱相場のいま富裕層が注目している商品、運用方法とは? という記事を読んだよ。

世界的な株価の高騰に浮かれて投資信託を買いまくる自称・投資家たちを見て僕が思うこと。

投資信託の分散投資が大流行りだけど、投資信託ってすでに分散されたものだよね。いろんなものを混ぜ合わせたサプリメントやビタミン剤は健康に良さそうだ。だけど、サプリメントだけ食べていれば健康というわけにはいかないよね。主食もきちんと食べたうで…

「これからも株価は右肩上がりで上がってゆく」というのは、ただその人がそう思ってるだけ。

よく、ある期間からある期間だけを切り取って、『これまでずっと右肩上がりできてるから、今後も右肩上がりでいくだろう』と予測している人っているよね。 インデックス投資をやってる人のあいだでは、こういった言い方をする人、たくさんいる。

「節約」や「節税」ではお金持ちになれない!という話

“カーぺディエム:Carpe diem” って言葉があるんだけどさ。 これは、ラテン語で『いまを生きろ!』っていう意味。

「紙の資産(ペーパー・アセット)」だけに投資している人は分散投資ではなく、集中投資をしている。

そもそもの話、『紙の資産』だけに資金を入れることって分散投資なのかな? 株だろうが、債券だろうが、REITだろうが、FXだろうが、すべてペーパー・アセット(紙の資産)だよね??

金持ちを恨んだり妬んだりしてるくらいだったら、「どうやったら成功できるだろう」ということを真剣に考えよう!

金持ちを恨み、妬み・・・・挙げ句の果てにはふてくされて「ふん、どうせ俺なんか」とか「せっせと働くしか能がないんだ」とか言ってる人っているよね。 そんなことしてるから、いつまで経っても小さい箱の外に出られず、同じところにとどまり続けることにな…

勤労所得よりも、不労所得のほうがいいし、キャピタルゲインよりもインカムゲインのほうがいい!

汗水垂らして働いて得た100万円も、家賃収入や株式の配当などの不労所得で得た100万円も、僕はどっちも同じ100万円だと思っている。 お金に良いも悪いもないと思ってるんだよね。

分散投資は「これから資産を増やしていきたい」と考えている攻めの姿勢の人にとっては有効な投資法ではない。

分散投資はお金持ちにとっては資産を守る有効な手段だよ。 だけどもしも『お金を殖やしたい・お金を儲けたい』と思っているのなら、分散投資はあまり効果を発揮してくれない投資スタイルかもしれない。

何も行動しないということは、『それだけ機会も損失している』ということでもあるんだよね。

投資にはリスクが伴うよね。 僕の主戦場は不動産投資だけど、銀行から多額の借入をしたりして、僕も巨大なリスクを背負ってるよ。

企業が今後ますますお金を借りようとしなくなったら、銀行はどうなってゆくのかについて

お金はたくさん余っているのに、不動産以外の貸出金額が伸びていない。 銀行は不動産以外の貸出先がなくて困っている。

「資本主義の成長に賭ける」っていう言葉をよく目にするけど、本当にそんなものに賭けていいんだろうか・・・

「未来に投資する」「資本主義の成長に賭ける」っていう言葉をよく耳にするよね。 でも、それって本当に正しいんだろうか・・・

株式投資で成功している人は、滅多なことではその株を売らない!

株主優待投資でうまくいってる人ほど優待株を売らない傾向があるみたいね。 よっぽどその銘柄が上昇した場合は話は別かもしれないけれど、基本的には滅多なことでは売らないという姿勢をつらぬいてるよね。

分散とヘッジは違う! ただ単純に「分けた」だけでは暴落時に資産を守れない。

今、マネー雑誌や資産運用に関する本で推奨されてるやり方は本当にリスクを『ヘッジ』できているのだろうか。 それともただ単にリスクを『分散』しているだけなんだろうか。

複利のパワーは確かに凄いけど、それが自分に実利をもたらすと確定されたわけじゃないよね。

よく『3%複利で30年間積み立てたら〇〇円になる!』という商品あるけど、それだけ聞くとまるで毎年3%の金利が付くようなイメージを持ってしまうよね。 でもその『3%』って確定じゃないから、くれぐれも気をつけるように!

「オレは詐欺に引っ掛からない!」と豪語している人が平気で投資信託を購入しているというパラドックス

金融庁「老後2千万円不足するから投資しろ」は極めて危険…投資信託購入者の半数は“損” という記事を読んだよ。

確率が50%のものにお金を突っ込むのは「資産運用」なの? それとも「ギャンブル」なの?

作成者が語る“2000万円報告書”の真の狙い という記事を読んだよ。