サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

投資

僕がiDeCoというものをやろうと思わないこれだけの理由

iDeCoって今、いろんなマネー雑誌でもよく特集されてるし、例の金融庁の2,000万円不足問題のときもさんざん取り上げられたよね。 今、きっとたくさんの人が「これはいい!」「メリットいっぱいだぞ!」って思ってることだろう。 でも、これ、僕はまったくや…

勤労所得よりも、不労所得のほうがいいし、キャピタルゲインよりもインカムゲインのほうがいい!

汗水垂らして働いて得た100万円も、家賃収入や株式の配当などの不労所得で得た100万円も、僕はどっちも同じ100万円だと思っている。 お金に良いも悪いもないと思ってるんだよね。

分散投資は「これから資産を増やしていきたい」と考えている攻めの姿勢の人にとっては有効な投資法ではない。

分散投資はお金持ちにとっては資産を守る有効な手段だよ。 だけどもしも『お金を殖やしたい・お金を儲けたい』と思っているのなら、分散投資はあまり効果を発揮してくれない投資スタイルかもしれない。

何も行動しないということは、『それだけ機会も損失している』ということでもあるんだよね。

投資にはリスクが伴うよね。 僕の主戦場は不動産投資だけど、銀行から多額の借入をしたりして、僕も巨大なリスクを背負ってるよ。

企業が今後ますますお金を借りようとしなくなったら、銀行はどうなってゆくのかについて

お金はたくさん余っているのに、不動産以外の貸出金額が伸びていない。 銀行は不動産以外の貸出先がなくて困っている。

「資本主義の成長に賭ける」っていう言葉をよく目にするけど、本当にそんなものに賭けていいんだろうか・・・

「未来に投資する」「資本主義の成長に賭ける」っていう言葉をよく耳にするよね。 でも、それって本当に正しいんだろうか・・・

株式投資で成功している人は、滅多なことではその株を売らない!

株主優待投資でうまくいってる人ほど優待株を売らない傾向があるみたいね。 よっぽどその銘柄が上昇した場合は話は別かもしれないけれど、基本的には滅多なことでは売らないという姿勢をつらぬいてるよね。

分散とヘッジは違う! ただ単純に「分けた」だけでは暴落時に資産を守れない。

今、マネー雑誌や資産運用に関する本で推奨されてるやり方は本当にリスクを『ヘッジ』できているのだろうか。 それともただ単にリスクを『分散』しているだけなんだろうか。

複利のパワーは確かに凄いけど、それが自分に実利をもたらすと確定されたわけじゃないよね。

よく『3%複利で30年間積み立てたら〇〇円になる!』という商品あるけど、それだけ聞くとまるで毎年3%の金利が付くようなイメージを持ってしまうよね。 でもその『3%』って確定じゃないから、くれぐれも気をつけるように!

「オレは詐欺に引っ掛からない!」と豪語している人が平気で投資信託を購入しているというパラドックス

金融庁「老後2千万円不足するから投資しろ」は極めて危険…投資信託購入者の半数は“損” という記事を読んだよ。

確率が50%のものにお金を突っ込むのは「資産運用」なの? それとも「ギャンブル」なの?

作成者が語る“2000万円報告書”の真の狙い という記事を読んだよ。

個人投資家の有利な点は「待つ」ということできるところ。

個人投資家の有利な点は「待つ」ということできるところ。 僕らに優位性があるのはその「何もしない」という選択ができる点。

想像力が豊かな人はビジネスをやっても成功する人

「映画や音楽、小説なんか読んだって一銭もトクをしない。何の意味もない」って言う人、たまにいるよね。 でも僕はそれ、違うと思うな・・・

すべては投資信託を買わせるための『陰謀』だったりして・・・

日銀がマイナス金利政策を発表してから「銀行に預金してもスズメの涙…」という言葉がアチコチで急に言われはじめたよね。

なぜ映画クラスタにはリベラルな人が多く、投資クラスタにはアンチ・リベラルな人が多いのかについて

ビル・ゲイツにしろウォーレン・バフェットにしろアメリカの超大金持ちはリベラルな人が多いよね。 マーク・ザッカーバーグもそうだし、スティーブ・ジョブズもそうだった。

株価が絶好調で、楽観ムードが漂ってるけど、そういうときがいちばん危ない!

市場のクジラ、おなかいっぱい GPIF「運用目安」超え という記事を呼んだよ。

流行ってものを買って成功することはないよ。

新築ワンルームマンションなんて買ったって儲かるわけないじゃん。 たとえ東京だろうが、大阪だろうが、札幌だろうが・・・・ どうしてそんな簡単なことがわからないんだろう。

流行ってる投資法だとか、みんながやってる資産運用法みたいなものには十分注意したほうがいいよ!

不動産でも、個別株の銘柄でも、特定の投資信託やETFでも何でもいいんだけどさ、『流行ってるもの』『ブームになってるもの』『みんなが殺到してるもの』には十分注意したほうがいいよ!

多くの人は本当の資産ではないのに、それを資産だと勘違いしている!?

みなさんは『本当の意味での資産』というものを持ってる? 本当の意味での資産だよ。

安易に投資に飛びつくのもキケンだけど、貯金だけに頼るのもキケン!という話

金融庁の例の老後の資金2,000万円の不足の発表以降、多くの人が「老後のためにますます貯金しなければならない!」と思いはじめているような気がするよ。

「キャピタルゲインで儲けよう・・・」なんて、僕たちのような投資の素人は考えないほうがいいと思うよ!

はっきり言って僕は今、流行ってるような投資法が好きではないです。 投資信託をドルコスト平均法で買って、毎月積み立てていって、20年後30年後のキャピタルゲインを狙うという投資法ね・・・

同調圧力に流れてはいけないのは、「投資」においても言えるよ。

流行に敏感に反応し、それに飛びついてしまうのは心理学では『同調行動』というらしい。

あなたは本気で「期待」とか「願望」とかに何千万円もの大金を突っ込む気ですか!?

こんなツイートをしたよ。 30年後の値上がり益で儲けることが資産運用だとするのなら、それは「期待」とか「願望」とか「こうなったらいいな」とか「こうなってるはずだ」というようなものに何千万円も突っ込むということ。そして、こちらができることは市場…

分散投資はおそらくピンチのときに僕らを守ってはくれないだろう。

投資アドバイザーとか、ファイナンシャル・プランナーとか、経済アナリストとよばれている投資のスペシャリストたちは、もちろんものすごく頭のいい人たちだよ。

30年後のキャピタルゲインよりも、今すぐ得られるキャッシュフローの方がいい!

20年30年とゆっくりでも確実にスノーボールのように膨らんでいけばいいという最近流行りの投資法あるけど、30年後に含み益になってるかどうかなんて誰にもわからないよね。

まさか金融庁の今回の報告書は『世紀の空売り』を仕掛けるために発表されたものじゃないよね?

「老後2000万円」動く個人 ネット証券に申し込み急増 という記事を読んだよ。

なぜ投資アドバイザーたちは不動産投資を目の敵にするのか?について

投資や資産運用のアドバイザーと呼ばれる人たちの話を鵜呑みにしていたら、大変なことになる・・・・と僕は思っているよ。

よく考えてみたら、『投資のプロ』と呼ばれてる人たちは「手数料」をアテにしてるサラリーマンなんじゃないの?

先の金融庁による「老後のために自助努力で2,000万円用意しろ」という報告書の衝撃はすごかったね! あれで一気に将来不安が加速したよね。

「リスクを取りにいく生き方」ってそんなにダメなことなのかなぁ?

貯金好きがお金持ちになれない意外な理由 挑戦する気持ちが失われる? という記事を読んだよ。

何かおかしくない? 何で年金の話なのに厚生労働省じゃなくて金融庁なの? 何で年金の話がいつの間にか投資の話になっちゃったの?

老後資金2000万円問題「年金は預貯金よりも得ですか?」 という記事を読んだよ。