サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

投資

みなさんは自分を金持ちにするために働いているのだろうか。それとも、他人を金持ちにするために働いているのだろうか?

暗い顔をして電車に乗ってるサラリーマンのおじさんがたくさんいる。彼らは根本的なお金の問題を解決しようとせず、働く→家に帰る→翌朝会社に向かう、を繰り返している。彼らは『(自分ではなく)他人を金持ちにするサイクル』の中にいる。それでは一向に自…

長期投資だろうが何だろうが、いちばん大事なのは取得するときの『値段』という話

『長期投資』という言葉が一人歩きしているけどさ、何よりも大事なのは、買おうとしたときのその対象の『値段』だよね。 長期投資ということ自体は僕は別にOKだと思っている。 僕は不動産にしろ、株にしろ、基本的には『いったん買ったものは、よっぽどのこ…

投資信託という金融商品の最大の弱点は〇〇! だから僕は好きになれないという話

僕は投資信託という金融商品があまり好きではないんだよね。 やるとしても「たしなむ程度」「デザート程度」にしたいと思っている。 メイン・ディッシュには危険すぎて、とてもじゃないけどできない…

頭のいい人たちに限って選択しがちな投資法について僕が思うこと。

高学歴で、大企業に勤め、社会的地位もあり、社会人になってからも熱心に投資の勉強をする人のほとんどは次にあげる投資スタイルを選択・採用しているよね。 ① 自分のお金を使い、 ② 決して借金をせず、 ③ 投資信託を買い、 ④ 長期投資をやり、 ⑤ 分散投資を…

人間はたとえ不効率だということがわかっていたとしても、みんなと一緒に損する方を選んでしまう傾向があるんだってさ。

「製薬会社でいちばん何にお金を使ってると思う?」って聞かれたら、みなさんはなんと答えるだろう。 ほとんどの人が「そりゃ、研究開発費に決まってるでしょ!」と答えると思う。 でもこれが実は違うというお話・・・

過ぎ去った「過去」や起こってもいない「未来」に生きるのはではなく、『今(いま)』に生きよう!という話

ついつい人間は「過去」のことをずっと引きずって、そればっかり考えちゃう。 でも、そのことによっていつも犠牲になるのは「現在(いま)」だよね。

『投資アドバイザーの多くは専業投資家ではない』というパラドックスにもっと注目した方がいいよ!

『質のいい資産』を手に入れることさえできれば、労働時間を大幅に減らすことができるよ。 自分の代わりにその資産が働いてくれるから。

「リストラすると株価が上がる」ということを投資家は本当に喜んでいいのか?ということについて。

最近、『リストラって実はあまり効果がないんじゃね?』ということが囁かれはじめている。 これは感情的な話じゃなくて、きちんとした立証データの話だ。 数字の話だ。 アメリカのカンザス大学の教授と、テキサス大学の教授の共同チームがが人員削減を行った…

レバレッジには「いいレバレッジ」と、「悪いレバレッジ」がある。

不動産投資の場合、銀行のお金というレバレッジを利用することができる。 はっきり言って、これこそが不動産投資というものが持っている底知れぬパワーを引き出してくれるものだよ。

お金を嫌う人のところにお金が集まらない法則

多くの人は程度の差こそあれ、なんらかのお金の問題を抱えている。 毎日耳にする嫌なニュースの背景に横たわっているのもお金の問題だったりすることが多い。

見ず知らずの赤の他人にお金を預けて、その人に運用してもらって大儲けできると思うこと自体おかしくない??

資産運用を実際にやってる人というのは結構、高属性の人が多いよね。 みんなそれなりに学歴も高く、それなりの会社や官庁に就職している。

【注意】「複利で運用する」ってことはプラスはよりプラスに、マイナスはよりマイナスになるってことだからね!

2000万円問題がきっかけで投資に目覚めた人も多いみたいだけど、 マジでよく考えたほうがいいよ。

あなたはまわりから変わり者扱いされても自分の信念を貫けますか?

ビジネスや投資一本でメシを食うってことは、「孤独になる」ってことでもあるんだよね。 とても孤独だし、常に危険と隣り合わせ。

例の年金2,000万円不足問題は、どこから切り取っても完全に『詐欺の手口』を踏襲しているよね。笑

今にして思えば、あの2,000万円問題って国民の不安を煽って自分たちのやりたいことを実現しようとする『詐欺の手口』そのものだったな。

いちばん重要なことは自分が何に投資しようとしているのか?ということをきちんと把握するということ。

その人の意見や考え方に従うか・従わないかで人生って変わってゆくものだよね。

分散投資をやればリスクが軽減されるというのはウソ!?

昨今、流行りの「分散投資」に関していえば、「分散投資をすればリスクが軽減される」と思ってる人もいるみたいだけど、分散投資をしたらからといってリスクが減るわけじゃないよ。

「分散投資をやれば投資で大きく成功できる」というのは幻想なのではないだろうか。

たとえば最近流行りの資産運用の本やマネー雑誌なんかには『分散投資』という言葉がよく登場するよね。 でも世の中で成功している人って別に分散したから成功できたわけじゃないよね。

お金の取り扱いが上手な人にならなければならない理由

宝くじに当たった人で自己破産する人が多いのはなぜだろう。 パパから会社を引き継いだフェラーリを乗り回す御曹司が会社をダメにするのはなぜだろう。 それはお金の取り扱いが下手だからだよ。

あなたが今、手を出そうとしているその投資は本当に自然発生的に生まれたものだと思いますか?

マネー雑誌で内容に目がいってしまうのはわかるけど、いちばん注目してほしいのは『広告』のところ。 どんな会社が広告を出しているだろう。 ほとんどが証券会社や投信会社じゃない?

「卵を一つのカゴに盛るな」という投資格言について僕が思うこと。

紙の資産の中だけでいくら分散したところで、それはリスクをヘッジしたことにはならないよね。 よくよく考えてほしいんだ。

なぜ株や不動産で大儲けした人の話はたまに耳にするのに、投資信託で大儲けした人の話は耳にしないのか?

「平均上昇率は6~9%だ。だから大丈夫なんだ!」という物言いはマネー雑誌に頻繁に登場する。 ツイッターやブログなんかでもよく見かける言葉だよね。

きっちりインカムゲインをもたらしてくれる資産は、なぜかきっちりキャピタルゲインももたらしてくれる。

僕は基本的にはキャピタルゲインを好まず、インカムゲインを好む人間なんだよね。 だから基本的には一度手にした資産はなかなか売らない。 頻繁に売買を繰り返さない。

「将来こうなるはずだ!」という発想のものに行われる投資はすべて『ギャンブル』に近いものがある。

勘違いだらけの「長期投資」 という記事を読んだよ。

昨今もてはやされている「長期投資」という言葉に感じる違和感

・今後の成長に期待して投資しろ ・長期投資をすればリスクが減少する ・今は1でもいずれ3になるから平均すれば2になる 『長期投資』を語るときによく登場するこれらの話を僕は一切信じないんだ。

これから投資や資産運用をはじめようと思ってる人への僕からの助言

波乱相場のいま富裕層が注目している商品、運用方法とは? という記事を読んだよ。

世界的な株価の高騰に浮かれて投資信託を買いまくる自称・投資家たちを見て僕が思うこと。

なぜ人間は同じ過ちを繰り返してしまうんだろう? 2008年のリーマン・ショックのひきがねを引いたのは、サブプライムローンを組み入れた投資信託だったよね。

「これからも株価は右肩上がりで上がってゆく」というのは、ただその人がそう思ってるだけ。

よく、ある期間からある期間だけを切り取って、『これまでずっと右肩上がりできてるから、今後も右肩上がりでいくだろう』と予測している人っているよね。 インデックス投資をやってる人のあいだでは、こういった言い方をする人、たくさんいる。

「節約」や「節税」ではお金持ちになれない!という話

“カーぺディエム:Carpe diem” って言葉があるんだけどさ。 これは、ラテン語で『いまを生きろ!』っていう意味。

「紙の資産(ペーパー・アセット)」だけに投資している人は分散投資ではなく、集中投資をしている。

そもそもの話、『紙の資産』だけに資金を入れることって分散投資なのかな? 株だろうが、債券だろうが、REITだろうが、FXだろうが、すべてペーパー・アセット(紙の資産)だよね??

金持ちを恨んだり妬んだりしてるくらいだったら、「どうやったら成功できるだろう」ということを真剣に考えよう!

金持ちを恨み、妬み・・・・挙げ句の果てにはふてくされて「ふん、どうせ俺なんか」とか「せっせと働くしか能がないんだ」とか言ってる人っているよね。 そんなことしてるから、いつまで経っても小さい箱の外に出られず、同じところにとどまり続けることにな…