サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

メンタル術

あのとき、「脱サラ起業する」という『決断』をしなかったら僕はいったいどうなっていただろう…

本当は脱サラしたいんだけど、世間の常識とかが気になって前に進めない・・・ そんな悩みを抱いてる人は結構いると思う。 僕もかつてはそうだったよ。 だから、そういう人の気持ちが痛いほどよくわかるんだ。

親も不完全なひとりの人間に過ぎないんだから、何を言われてもあまり気にするな!

『毒親』という言葉が使われるようになって何年も経つが、人間というのは誰しも多かれ少なかれ親から影響というものを受けて育つもの。 この親からの影響というのを過小評価しない方がいいと思う。 親からどんない影響を受けたのかによって、その人の人生が…

人生がうまくいってないときはたいがい自分に原因がある

環境が悪い あいつが悪い 親が悪い 会社が悪い 上司が悪い まわりが悪い etc… そうやって自分以外のヒトやモノのせいにしてばかりいる人、いっぱいいるよね。 でも、たいがいその人に問題があるケースがほとんどだ。

あなたは真面目なタイプ? それとも天然なタイプ?

世の中の人ってだいたい次の2種類に分かれるよね。 ① 真面目なタイプ ② 天然なタイプ 僕は完全に②のタイプだな。

イヤなことにばかり焦点を当てて見ていたら、「いいこと」が目に入らなくなっちゃうよという話

日々生きてると、人生にはイヤなことってたくさん起きるよね。 でも、だからってそのイヤなことをずっと引きずってたらダメだ。 イヤなことにばかり焦点を当ててたら、他のことが目に入らなくなっちゃうよ・・・

「人生がうまくいってないな…」」と思ったときに、ぜひ考えてみてほしいこと。

もしも、みなさんが今、「人生がうまくいってないな・・・」と感じているのだとしたら、ぜひどうしてそのような事態になったのか冷静に分析してみてほしい。 きっとそこには何らかの理由のようなものがあるはずだよ。

モジモジしてばかりいると、人生どんどん損するだけだよ!

自慢じゃないけど、僕はずっとモジモジばかりしている男だった。 よく言えば、引っ込み思案。 悪く言えば、臆病者。 いつも自分に自信がなく、人前で大声で笑ったり、自分の意見を堂々と言ったりできないタイプ。

『欲』がすべて悪いわけではない。

矢沢永吉はインタビューのなかでこんな話をしている。 自分の中にあるいちばんの敵は“自分の欲”だよ。 でも、それは同時に“自分のいちばんの味方”でもある。

成功するためには人生のどこかで「大きな決断」ってやつをしなければいけないという話

経営者や事業家になりたい、あるいは投資でメシを食っていきたいと考えてる人は『勇気』を持たなければいけないよね。 人と違う道に進むことができる勇気を持たなければいけないんだ。

失敗した経験は問題解決能力をUPさせ、人生をより良いものにしてくれる!

人生は学びつづけた人だけが勝利をおさめると僕は思ってる。 もちろん、ここで僕が言ってる学びとは『学力』のことじゃないよ。

人生において重要なことは大抵めんどくさいこと。それをめんどくさがらずにできるかどうかで人生は決まる。

不動産会社で修行を積んでたとき、すごくキツかった。。。 僕よりもはるかに年下の店長の下で僕は必死になって働いたよ。

悪い出来事や逆境からたくさんのことを学ぶことができるという話

その時は大変なんだけど、ふと気づいたら「いつのまにか達成しちゃってる」ってことあると思う。

外に向けられた怒りや悪意は、自分のなかに内包しているものだったりする。

加藤諦三さんが「攻撃性は安全なところに向かう」と言っていて謎が解けた。子どもへの虐待も、奥さんへのDVも、いじめ問題も、あおり運転も、京アニや川崎の事件も、N国がやってることも、ホリエモンがやってることも…怒りの矛先は弱い者に向かっている。す…

自分の弱点が最大の武器になることもある。

自分の弱点が最大の武器になることってあるよね。 僕は自分には実力がないということを誰よりも自覚していた。 だから不動産投資に引き寄せられたのだと思う。

相手の得意分野で勝負してはいけない。自分の得意分野を見つけて、そこで勝負しよう!

相手の得意分野で勝負しようとしても勝てるわけない。 カワウソは陸ではチーターには勝てない。 でも水中だったら、泳ぎだったら、チーターに勝てるかもしれない。

なぜ社会で問題を起こすのは『男』ばかりなのか?・・・ということについて考えてみた。

そういえば、そんな事件あったな。。これは相当覚悟して観なければいけない映画だ。ジョーカーは単なる悪役ではない。僕の中にもきっと“ジョーカー的なるもの”はいる。『ジョーカー』はきっとそういう部分もこちらに突きつけてくるトンデモナイ映画だと思う…

オドオドしないで、もっと堂々と生きよう!

自分の失敗談や恥ずかしい部分を平気で人に話せるようになろう。 それが本当の自信につながる。

最初からなんでもスイスイいっちゃう人生が必ずしも良いことだとは限らないという話

「右肩上がりにだんだん良くなってゆく」っていいことだよね。いつもフレンチばかり食ってるような医者の家に生まれるより、最初は貧乏だけど徐々に金持ちになってゆく人生の方がトータルで見たら幸福を感じる回数は多いよね。だから今、不遇でも気にするな…

敗者復活ができないような社会を変えないかぎり、悲劇はくりかえされる・・・

「敗者復活」がなかなかできない社会や企業 という記事を読んだよ。

成功するために何かをやるんじゃなく、自分のやりたいことをやるから成功がついてくる!

成功を手に入れるために何かをやるんじゃなく、自分のやりたいことをやるから成功がついてくるんだよ。

僕が『中年の危機問題』というのは意外と深刻なんじゃないかと思ってる理由

ルサンチマンを抱いてる人に言いたい。こんなことをしても自分の人生はこれっぽっちも良くならないんだよ。怒りのエネルギーを弱い存在に向けるな。自分を本当に苦しめてるのは誰なのかよく考えてほしい。フラストレーションをぶつける相手、間違っているよ……

人生は映画。そして僕らはその映画の脚本家! 夢に向かって自分でどんどんシナリオを書き換えていこう!

失敗したらどうしよう こんなことしたら笑われるかも こんなこと言ったら嫌われるかも etc… そうやってぐずぐずしているあいだにチャンスは目の前を通り過ぎていって、人生はあっという間に終わっちゃうよ・・・

マッチョな人は本当は弱い人。マウンティングや威圧の裏には「コンプレックス」がある!?

香川県警の署員が私用で訪れた店で揉め事「わしは生活安全課や」 という記事を読んだよ。

「モテる・モテない問題」って単なる恋愛の話ではなく、根が深いものすごく大切な問題

「モテる・モテない問題」って、意外に軽く見ない方がいいよね。

現実世界で生きようぜ!

『マトリックス』という映画がスゴいところは、まだSNSが誕生してもいない時代に、「仮想現実空間」に人間が絡め取られる様子を描いてるところ。 Twitterやインスタが原因でうつ病になるヒトもいるらしい。

目の前の状況というのは自分自身の心の投影でしかない。

以前の僕は『人生は自分ではなく、まわりの環境や状況が創っている』と勘違いしていた。 でも僕たちは人生を自分の好きなようにデザインすることができるんだよね。 それを知らなかったがために僕は随分、遠回りをしてきてしまった・・・

僕は毎日、「みんなと同じにしなきゃいけない」というThis is 日本的価値観と闘っています。

『出る杭は打たれる』って本当にあるね。 僕は脱サラ起業するというすごく特殊な道を選択した人間だから、それをすごくリアルに感じているよ。

人々が本当は自由を求めていないからなのかもしれない・・・

アメリカの南北戦争の時、奴隷解放宣言されたのにもかかわらず、外に飛び出していこうとしなかった人たちがたくさんいたという。 理由は「このまま大人しくしていさえすれば、とりあえずメシだけは食えるから」だそうだよ・・・ 僕ならリスクを背負ってでも…

ラッキーな人・最初から恵まれてる人のことを攻撃するだけで終わる人生だけは送らないように!

「むかし取った杵柄」 「親の七光り」 「誰かのコネ」 「たまたまタイミングが良かっただけ」 etc… そういう言葉って誰かを揶揄したり、攻撃したりするときによく使われるよね。 でも僕はいつも疑問に思ってしまう。 たとえそうだとしても、それがいったい何…

正しいことが良いことだとは限らないという話

正しいことしか言わない人っているよね・・・