サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

メンタル術

悪いことが起きるときというのは、必ず自分の状態も悪いときだったりするという話

『すべての出来事は今の自分にふさわしい出来事』と考えてみたことありますか? つまり、いいことも悪いこともひっくるめて「すべて今の自分に必要な出来事である」と・・・

複雑になり過ぎている現代社会だからこそ大切にしたい、『シンプルに生きる』ということについて。

今の世の中はあまりにも混沌としているよね。 いったい何が正解で、何が間違っているのかもわからない。 選択肢もいっぱいあって、情報もあふれかえっている。 そんな世の中で不安な気持ちに陥ってる人も多いと思う。 そんな時こそ「ごちゃごちゃしたもの」…

世間で「良くない」とされてることであっても、それに幸せに感じるならやってもいいんだ!という話

自分のやることを「何をやってもOK」にしておくと、いいことばっかり起きるよ。 人生は短いんだ。 思いっきりワガママに、自分勝手に生きようじゃないか。

問題を根本的に解決したいのなら、『デッカイひと勝負』に出ないといけない!という話

でっかいことを成し遂げたいのならば、どっかで一世一代の大博打を仕掛け、巨大なリスクを背負ってひと勝負に出ないとね! 何かでっかいことを成し遂げたいと本気で思っているならね。

『時間』はどんな資産よりも重要なのに、いつもスルーされがちな件について

僕たちが所有しているのは不動産とか金融資産とか車とか洋服とかだけじゃない。 『時間』も所有している。 でもこの時間っていうものはなぜかスルーされがち。

人間はたとえ不効率だということがわかっていたとしても、みんなと一緒に損する方を選んでしまう傾向があるんだってさ。

「製薬会社でいちばん何にお金を使ってると思う?」って聞かれたら、みなさんはなんと答えるだろう。 ほとんどの人が「そりゃ、研究開発費に決まってるでしょ!」と答えると思う。 でもこれが実は違うというお話・・・

過ぎ去った「過去」や起こってもいない「未来」に生きるのはではなく、『今(いま)』に生きよう!という話

ついつい人間は「過去」のことをずっと引きずって、そればっかり考えちゃう。 でも、そのことによっていつも犠牲になるのは「現在(いま)」だよね。

悪いことが起こったら、「環境や状況が問題なのではなく、自分自身のあり方が問題なんだ」と考えよう。

本当の知恵とは学歴や資格のことではなく、『人生は自分の心が創っている』という法則に気づくことだと僕は思ってるよ。 現在の自分はこれまで何を考えてきたかの結果。 だから未来の自分はこれから何を考えるかによって変わってゆくってカンジかな。

なんでもテキパキできちゃう完璧人間より、多少ドジでポンコツくらいの人の方が愛嬌があってイイという話

なんか世の中的に何でもバリバリ・テキパキとできる人が偉いみたいな風潮が漂ってるけど、僕はそれちょっと危険だと思っている。 ちょっとドジで、ポンコツぐらいの人の方が愛嬌があっていいような気がするんだよね。

早く自分の中の悪いところを改善させれば、早く問題から抜け出せる。

ほんとにプラス思考で楽観的な人は、今を晴れ晴れと生きている人は、ツイッターで粘着クソリプを送ったり、電車が3分遅れてイライラしたり、弱者を叩いたり隣国を攻撃したり、俺が我慢して苦しんでるんだからお前も苦しめみたいなゾンビ的思考には陥らないん…

あのとき、「脱サラ起業する」という『決断』をしなかったら僕はいったいどうなっていただろう…

本当は脱サラしたいんだけど、世間の常識とかが気になって前に進めない・・・ そんな悩みを抱いてる人は結構いると思う。 僕もかつてはそうだったよ。 だから、そういう人の気持ちが痛いほどよくわかるんだ。

親も不完全なひとりの人間に過ぎないんだから、何を言われてもあまり気にするな!

『毒親』という言葉が使われるようになって何年も経つが、人間というのは誰しも多かれ少なかれ親から影響というものを受けて育つもの。 この親からの影響というのを過小評価しない方がいいと思う。 親からどんない影響を受けたのかによって、その人の人生が…

人生がうまくいってないときはたいがい自分に原因がある

環境が悪い あいつが悪い 親が悪い 会社が悪い 上司が悪い まわりが悪い etc… そうやって自分以外のヒトやモノのせいにしてばかりいる人、いっぱいいるよね。 でも、たいがいその人に問題があるケースがほとんどだ。

あなたは真面目なタイプ? それとも天然なタイプ?

世の中の人ってだいたい次の2種類に分かれるよね。 ① 真面目なタイプ ② 天然なタイプ 僕は完全に②のタイプだな。

イヤなことにばかり焦点を当ててたら、他のことが目に入らなくなっちゃうよ・・・

日々生きてると、人生にはイヤなことってたくさん起きるよね。 でも、だからってそのイヤなことをずっと引きずってたらダメだ。 イヤなことにばかり焦点を当ててたら、他のことが目に入らなくなっちゃうよ・・・

「人生がうまくいってないな…」」と思ったときに、ぜひ考えてみてほしいこと。

もしも、みなさんが今、「人生がうまくいってないな・・・」と感じているのだとしたら、ぜひどうしてそのような事態になったのか冷静に分析してみてほしい。 きっとそこには何らかの理由のようなものがあるはずだよ。

モジモジしてばかりいると、人生どんどん損するだけだよ!

自慢じゃないけど、僕はずっとモジモジばかりしている男だった。 よく言えば、引っ込み思案。 悪く言えば、臆病者。 いつも自分に自信がなく、人前で大声で笑ったり、自分の意見を堂々と言ったりできないタイプ。

『欲』がすべて悪いわけではない。

矢沢永吉はインタビューのなかでこんな話をしている。 自分の中にあるいちばんの敵は“自分の欲”だよ。 でも、それは同時に“自分のいちばんの味方”でもある。

成功するためには人生のどこかで「大きな決断」ってやつをしなければいけないという話

経営者や事業家になりたい、あるいは投資でメシを食っていきたいと考えてる人は『勇気』を持たなければいけないよね。 人と違う道に進むことができる勇気を持たなければいけないんだ。

失敗した経験は問題解決能力をUPさせ、人生をより良いものにしてくれる!

人生は学びつづけた人だけが勝利をおさめると僕は思ってる。 もちろん、ここで僕が言ってる学びとは『学力』のことじゃないよ。

人生において重要なことは大抵めんどくさいこと。それをめんどくさがらずにできるかどうかで人生は決まる。

不動産会社で修行を積んでたとき、すごくキツかった。。。 僕よりもはるかに年下の店長の下で僕は必死になって働いたよ。

悪い出来事や逆境からたくさんのことを学ぶことができるという話

その時は大変なんだけど、ふと気づいたら「いつのまにか達成しちゃってる」ってことあると思う。

外に向けられた怒りや悪意は、自分のなかに内包しているものだったりする。

京アニとの接点見えず=目立たぬ存在、各地でトラブルー放火事件の青葉容疑者 という記事を読んだよ。

自分の弱点が最大の武器になることもある。

自分の弱点が最大の武器になることってあるよね。 僕は自分には実力がないということを誰よりも自覚していた。 だから不動産投資に引き寄せられたのだと思う。

相手の得意分野で勝負してはいけない。自分の得意分野を見つけて、そこで勝負しよう!

相手の得意分野で勝負しようとしても勝てるわけない。 カワウソは陸ではチーターには勝てない。 でも水中だったら、泳ぎだったら、チーターに勝てるかもしれない。

なぜ社会で問題を起こすのは『男』ばかりなのか?・・・ということについて考えてみた。

犯罪者に男性が多い理由を心理カウンセラーが分析 という記事を読んだよ。

オドオドしないで、もっと堂々と生きよう!

自分の失敗談や恥ずかしい部分を平気で人に話せるようになろう。 それが本当の自信につながる。

なんでもスイスイいっちゃうことが必ずしも良いことだとは限らない。

ピンチやトラブルを乗り越えれば、それは『自信』に変わってゆくだよね。 「あんな経験したんだから何が起きても大丈夫だ」って思えるものなんだ。

敗者復活ができないような社会を変えないかぎり、悲劇はくりかえされる・・・

「敗者復活」がなかなかできない社会や企業 という記事を読んだよ。

成功するために何かをやるんじゃなく、自分のやりたいことをやるから成功がついてくる!

成功を手に入れるために何かをやるんじゃなく、自分のやりたいことをやるから成功がついてくるんだよ。