サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

プロフィール

every cloud has a silver lining

こうして改めて振りかえってみると、僕はずっと『逆境』の中にいたような気がします。

2010年の暮れに自分の会社を設立して僕は脱サラ起業した

2010年の12月に法人登記をし、僕は脱サラ起業をしました。年が明けてすぐの3月に東日本大震災がありましたので、よくおぼえています。

サラリーマンをやりながらスタートした不動産投資

僕が生まれて初めて購入した物件は鉄骨造3階建ての1R10部屋のアパートでした。なんとユニットバスの物件。それでもすぐ目の前が大型ショッピングモールで、交通アクセス的にもバツグンの立地だったので、生活保護の人なんかを中心に空室が出てもすぐに決まる…

不動産会社で厳しい修行を積む

将来、本格的に大家業をやっていくのなら、不動産の現場をしておく必要がある もっとたくさん不動産のことを学んで、いろんなことを経験しておいた方がいい よし、ここはひとつ、徹底的に隅から隅まで不動産の世界を見てやるぞ!

僕は不動産の勉強がしたくて、不動産会社へ転職した

僕は不動産投資というものが持っているポテンシャルにすっかり魅了されてしまいました。「これこそが僕の求めていたものだ!」と素直に思えました。

僕はなぜ「不動産投資」というものに惹かれたのか? 

結論から先に言いますと、自律神経失調症になったあと、僕は自分の人生について深く考えるようになります。

僕が人生のどん底から復活できた理由 

今、ふりかえってみると、病院で自律神経失調症と診断されたときの僕はちょっとおかしくなってたような気がします。

人生が大きく変わるきっかけとなった『自律神経失調症』 

大学を卒業して新卒で入った会社では僕は「リース」の仕事をしていました。最初から不動産会社に就職したわけではなかったのです。僕はリースの仕事を約11年くらいやりました。

僕は儲けすぎないように注意している

意外に思われるかもしれないし、こういう理由で会社を設立する人間も珍しいのかもしれませんが、僕は実はお金のために法人成りをしたわけじゃないんです。

僕はお金よりも時間を優先したいタイプ

僕は今、北海道で小さな会社を経営しながら、家族4人でのんびり暮らしています。2010年の暮れ(37歳のとき)に脱サラ起業しました。年が明けて3月に東日本大震災がありましたので、そのときのことはよくおぼえています。

僕の人生は「優秀な資産」を手に入れたことによって変わった 

毎月僕に(正式にはうちの会社に)キャッシュフローをもたらしてくれているアパートたちは僕にとって大切な『資産』です。僕自身はそれほど大した人間ではないのですが、僕が取得した資産たちはどれも大したものです。

僕と不動産との関わりについて

僕は38歳の時に勤めていた不動産会社を退職し、専業の大家さんになりました。

サカモトハルキっていったい何やってる人なの? 

僕は何をやって生活しているのかというと、ひとことで言うと『大家さん』です。北海道でアパートを5棟、月極駐車場を1ヶ所保有していて、そこから得られる家賃収入や駐車場収入で家族を養っています。

もしかして僕は日本でいちばん自由なパパかもしれない 

みなさんこんにちは! サカモトハルキ(@sakamoto1haruki)です。 このページでは僕がどんな人間なのかについて自分なりに書いてみました。