サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

ビジネス

失うものが何もない若いうちに『ひと勝負』に出た方がいい!

幸之助は、「人は30代に伸びる」と考えた という記事を読んだよ。

恐怖から解放されたかったら、その恐怖に飛び込め!

挑戦は怖いもの? フリーランスや自営業にはチャレンジャーが多い傾向が明らかに という記事を読んだよ。

『お金のパワー』を上手に利用すれば、お金の問題を解決することができる

僕は今、経済的自由を手に入れて、とても自由でハッピーな毎日をおくっているよ。 具体的に言うと、不動産投資をやって、そこそこそれが成功したんだ。2010年の暮れには法人成りをして、会社のほうは10期目に突入したよ。

お金の不安から解放されたかったら、お金の取り扱いが上手い人になろう

今、多くの人が「将来のお金の不安」や「老後のお金の心配」を口にしているよね。 ただ僕はいつも不思議に思うんだけど、そういったお金の不安を口にする人って今、結構安定した立場の人が多いような気がするんだよね。サラリーマンの人とか、公務員の人とか…

うちの会社の決算報告書(第9期)が出来上がってきたよ!

決算報告書が出来上がってきました。

失敗したとき、自分を責めるな。分析しろ!

自分の力で生き抜く時代、失敗から学びを という記事を読んだよ。

ZOZOの「時給1,300円」バイトの件と藤田考典氏について

ZOZOが「時給1,300円」バイトを募集して話題になったね。 そのことでZOZO側とやりあった藤田さんがコメントを出して話題になってる。

不動産投資を本格的にやりたいと思ってる人は安易に会社を辞めないほうがいいと思うよ

脱サラした人間がこんなことを言うのはヘンな話かもしれないけれど、これから不動産投資を本格的にやろうと考えてる人は安易に会社を辞めないほうがいいと思うよ。

逃げても隠れても未来は勝手にこちらに向かってやって来る。だから闘うしかない!

働き方改革って本当に必要なの? 「長時間労働=成果」という考え方を変えなければいけない理由 という記事を読んだよ。

若者から夢や希望を奪った真犯人は学校教育?

【うつ状態でみられる意欲の低下】・洗顔が面倒・歯磨きが面倒・着替えが面倒・行動が遅くなる・言葉数が少なくなる・食事を作るのが面倒・お風呂に入りたくない・掃除をする気になれない・仕事(残業)がはかどらない「意欲がない=なまけている」と捉えら…

頑張れば頑張ったぶんだけリターンがあるから事業家はいい!という話

実際に事業家になってみて思ったのは「なんでもっと早く事業家にならなかったのだろう?」ということだったよ。

僕がまわりの反対を押し切って事業家になった理由

僕は38歳のときに脱サラして起業したんだけど、そのとき散々まわりから「バカだ」「マヌケだ」「世間知らずだ」って言われたよ。「絶対にうまくいきっこない」「そのうち行き詰まるに決まってる」ってね、、、

物件選びをするときは減価償却のことも考えたうえで選ぶようにしよう

商売というのは売上があってナンボのものだよね。 その売上から経費を引いた額が、『利益』となる。その利益に対して、税金が課せられるわけなんだけど、個人の場合だと所得税が、法人の場合だと法人税がそれぞれ課せられる。

自分で払わないで誰かが自分の代わりに払ってくれる借金は「いい借金」である!

借金には「いい借金」と「悪い借金」があるんだよね。 ビジネス、事業、商売といった自分のフトコロにキャッシュをもたらしてくれるような借金は「いい借金」だよ。

商売はスタート・ダッシュでつまずきやすいものだけど、不動産投資はそうではない

僕は不動産会社に勤務していて、テナントの仲介の仕事もやっていたんだ。 そして実際に僕が仲介したなかで今も継続してお店をやっている人はほとんどいないよ。多くの店舗は店を閉めることを余儀無くされてしまったんだ。

商売をやって成功する人がむずかしい理由

不動産会社で賃貸の営業マンをしていた頃、僕はアパートやマンションといった居住用の仲介の仕事もやっていたんだけど、テナント仲介の仕事もやっていたんだよね。 自分が住むための部屋を探しに来る人と、テナントの物件を探しに来る人はまったく違う人だっ…

自分が活躍できる分野を探そう

僕は勉強ができなかったから、商売の世界でやっていくしかなかったんだ。 足の遅い子がいくら足腰を鍛えたってダメなんだ。持って生まれた才能やセンスというものは確実にあるんだよね。

僕が「勉強ができなくて本当に良かった」と思っている理由

今、いろんな人がさまざまな悩みを抱えていると思います。 ひきこもりやニートになる人の数も増加の一途をたどっています。 うつ病をはじめとする心の病にかかる人も大勢います。