サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

2019-05-07から1日間の記事一覧

「金利が安いから」という理由だけで不動産を買おうとするのはかなりアブナイ

今、どのマネー雑誌をめくっても「不動産投資が熱い!」といった内容の特集記事が組まれてるよね。僕はそれらの記事を読むたびに、リーマン・ショックや東日本大震災の頃に対面した売主さんの青ざめた顔を思い浮かべるよ。

経済が好調な時期に高い値段で不動産投資物件を取得してはいけない理由

うちの会社がリーマン・ショックのあとや東日本大震災のあとにどんどん物件を買い増していったんだ。売主さんたちはみんな売り急いでいたけど、どの物件も決して悪い物件じゃなかったよ。

僕は不動産市場が冷え込んでいた時期に恐ろしい好条件で物件を取得することができた

うちの会社が物件をどんどん買い進めていったのはリーマン・ショックの頃と、東日本大震災の頃。どちらも日本経済は低迷し、株価は暴落し、みんな不安におののいていた時期の頃だったよ。

いちばん大事なのは借金の額ではなく、借金をする時期

僕は個人・法人を含めて10棟以上の不動産物件を所有していたことがあった。それは裏を返せば、「それだけたくさんの借金をしていた」ということでもあるんだ。

僕が保有している不動産を半分売却した理由

みなさんは今、「不動産投資をやるべきか、もう少し様子を見るべきか」ということで悩んでいたり、あるいは「すでに物件をいくつか所有しているんだけど、今、売却すべきかどうか」で迷っていたりしていませんか?